的確なアイケアでキラキラな瞳を保とう|目の疲れを回復する方法

目の疲労の種類やその対処

男の人

症状に伴う種類やその原因

眼精疲労の症状には色々な種類があり、その原因や対策もそれぞれによって異なってきます。主な症状としては、目の充血や乾き、かすみや目の痛み、激しい目の疲れや視力低下にまぶたの痙攣までさまざまにありますが、基本として眼精疲労は、目の調節力が低下する加齢や遠視、老眼など近くのものを見る為のピントが合わず、ピントを合わせるための水晶体の調節に働く毛様体筋の筋肉などが、目を酷使することによって疲労が蓄積して眼精疲労となる要因があります。目の疲労だけでなく体調や生活習慣の悪化によっても眼精疲労の発生に繋がります。そのため、眼精疲労の症状が酷い場合は眼科での診察をおすすめします。それから、定期的に眼精疲労を和らげる栄養素を摂取することも有効的です。食事でも摂取できますし、有効成分を濃縮したサプリメントもありますのでそちらを利用するのも良いでしょう。

症状の対処法

眼精疲労からくる目の充血や乾きには、目を動かして緊張を和らげたり、まばたきを意識的に行うなどして、さらに定期的に目を休めることも効果的です。目のかすみも同じく目を休め、目の周囲を温めたりする行為の他にもマッサージや日頃サングラスをかけるなどの対策も良いです。激しい目の疲れの場合、目を酷使する作業中の休憩頻度を上げたり、肩や腕の緊張をほぐすため全身の筋肉を動かすことも効果があります。また蒸しタオルで目の周囲を暖めたり、42度程度のシャワーをあてることも効果的で、加齢や目の病気などの症状からくるかすみの場合や定期的な眼科での診断を行うことも重要です。眼精疲労からくる頭痛にも気をつけながらの予防対策を講じましょう。